ブログ|なかの歯科|小田原市小田原、鴨宮の歯科・歯医者

  • 小田原市小田原、鴨宮・なかの歯科・電話
  • 小田原市小田原、鴨宮・なかの歯科・メニュー

ブログ

2019年6月6日

こんにちは、院長の中野です。

もう6月ですね。

なかの歯科は2018年6月11日に開院したので、もうすぐ1年がたちます。

この1年で500人以上の患者様にご来院いただき、通院してくださるかたも多く、毎日忙しく過ごしています。

当初は不安も多かったのですが、笑顔で帰って行かれる患者様がいると、元気をいただいたような気になります。

2年目も全力で頑張ります。本当にありがとうございます。

これからもよろしくお願い致します。

2019年5月1日

こんにちは、院長の中野です。

ゴールデンウィークをみなさまどうお過ごしでしょうか?お仕事されている方も多いと思います。ご苦労様です。

なかの歯科は明日、5月2日も診療を行います。

 

先日、同級生と会うために大学病院に立ちよったところ、うっかり図書館で本を借りてしまい、我が家には読まなければいけない本が積みあがりました。

+3冊

そのうちの一冊をご紹介します。

患者様に質問されたことに関しては、正しい情報をお伝えしたいと思い買った本です。

 

この本の中にクエスチョンで、「食後30分以内のブラッシングはやめるべきかどうか」という項がありました。

皆様は30分以内に歯磨きしない方がよい。という話を聞いたことがありますか?

自分はテレビや本でそのような話を何度か見聞きしたことがあります。その時は、根拠になる理由が誤っていると判断して信じていませんでした。自分の知っている知識や経験則でも(自分は食後わりとすぐに歯磨きしていますが虫歯や、その他の歯のトラブルも起きていないので)30分以上空けた方が良い理由が分かりませんでした。

本には、酸性食品を摂取後すぐにブラッシングすることで酸蝕症の危険性が高まる。という海外で発表された話が誤って伝わってしまったと書かれています。

この本には参考文献も紹介されており、原文を調べたりまではしませんが、ある程度信頼がおける情報ではないかと思います。よって引き続き、なかの歯科では食後に速やかにブラッシングを行うことを推奨します。

テレビからも誤った情報が流れてきますが、個人の医院で働いていると何が正しいのか調べる手段も限られてしまいます。しかし、情報・知識は常にアップデートし続けようと改めて思う機会になりました。

 

それでは残りのゴールデンウィークも楽しんで参りましょう。

最後までブログをご覧頂きありがとうございました。

2019年4月21日

こんにちは、院長の中野です。

今年のゴールデンウィークは長いですね、みなさんはどのように過ごされますか?

なかの歯科は4月30日火曜日、5月2日木曜日は通常通りの診療を行っております。何かありましたらご連絡をください。

今年のゴールデンウィークは家で過ごす時間に歯関連の本を読もうと思って大人買いしました。

毎年5月頃に5月病をわずらってしまうので、その対策も兼ねています。

面白い内容がかかれてたらブログの方でもご紹介させていただきます。

2019年4月9日

こんにちは、院長の中野です。

口呼吸」という言葉をご存知でしょうか?

今回はお子さんの歯並びと口呼吸の関連の記事を書きます。

 

歯並びの相談をされる方が増えています。

よくない噛み合わせのことを不正咬合あるいは咬合異常といいます。

不正咬合の原因には、骨や歯の大きさに関する遺伝的なものと、指しゃぶりなどの悪い習慣による環境的なものがあります。実際にはいろいろな原因が重なって、さまざまな状態の不正咬合になりますが、歯並びの相談に来る子どもたちのは実は同じ問題を抱えている場合が多いといわれています。それが口呼吸です。

 

口呼吸をする

舌の位置が悪くなる

頬の圧力が上の歯列にかかりやすくなる

上あごが狭くなる

下あごが狭くなる・下あごの位置が悪くなる

様々な不正咬合が生じる

 

このように口呼吸を続けていると、不正咬合を生み出す悪循環が起こると考えられます。今回の記事は、以前矯正のセミナーでお世話になった安田先生の医院の冊子を大いに参考にしました。

 

冊子の中には以下のチェック表もあり。2つ以上当てはまれば口呼吸の可能性を疑うと書かれていました。

□鼻がよく詰まる

□口をぽかんと開けていることが多い

□いびきをかく

□まえかがみで、姿勢が悪い

□食べているときにぺちゃぺちゃ音を立てる

□話すときの舌の位置がどうもおかしい

□何かを飲み込むときに舌が前に出てくる

□上の歯列の形が逆V字型になっている

□上あごの天井が高い

□扁桃腺がはれたり、風邪をひきやすい

□寝汗をかく

□寝ているときに立ったり、座ったりする

□睡眠時間が足りているのに、朝から疲れている

□中耳炎になりやすい

 

お子様で口呼吸の疑いがありましたらお気軽にご相談ください。

2019年4月8日

こんにちは、院長の中野です。

日々生活していると、いろんな企業からダイレクトメールのようなものが届きます。だいたいのものには興味がないのですが、その中には時々、驚くような有用な情報がのせられたものが混じっていたりします。

今回はその一部をご紹介します。

この冊子はライオンという企業からきたものです。

普段多くの方が使用している歯磨き粉に入っているフッ素。実は奥が深いんです!

この冊子ではQ&A方式でフッ素についてかかれています。目からうろこが落ちるようなことも書かれており、ありがたいです。

その中の一つに15ooppmフッ化物濃度の歯磨剤のう蝕予防効果は、1000ppmのものより約10%(システマティックレビュー)高くなると書かれていました。

なかの歯科もフッ化物濃度が1480ppmの歯磨剤を取り扱っています。迷われている方がいらっしゃったときは具体的な数字をお伝えしたほうがイメージしやすくなるかと思うので、とても参考になる記事でした。

またおもしろい歯科ネタがありましたらご紹介させていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございます。

2019年4月7日

こんにちは院長の中野です。

早いもので4月ですね。日が長くなってきたので仕事が終わっても真っ暗になっていないのが、うれしく感じる今日この頃です。

今日はお花見をしに行ったのですが、ほんとうに良い天気で、桜以外の植物もとても美しく感じました。今週は体調不良で大変でしたが、今日一日とてもリラックスできました。

さて、なかの歯科では予約制をとっているので、患者様は基本的に待ち時間はほとんどないようになっていますが、お連れの方や早く来院される方のために月に1回雑誌を入れ替えています。

そのうちの一冊をご紹介します。

本屋で豚さんと目が合ったので購入しました。トンカツ大好きです。

そして、偶然にも我が家に泣ける本ありました。おじいさんとお孫さんの温かい関係に泣きます。

皆様のご自宅にも泣ける本がありますか?あるいは探したくありませんか?

近いうちに待合室に並びます。ご興味ある方はぜひご覧になってください。

2019年3月11日

こんにちは、院長の中野です。

はじめは怖かったのですが、朝に飛来した花粉が車に積もっているの見て、最近はなにも感じないようになりました。

花粉症でお困りの方も多いと思います。夏が待ち遠しいですね。

 

今日は新しい歯ブラシを、なかの歯科で取り扱うことになったのでご紹介します。

TePeというメーカーをご存知でしょうか?

予防歯科の先進国であるスウェーデンで圧倒的なシェアを誇るメーカーです。パンフレットには薬局で販売される7割以上がTePe商品だと書かれていました。

テレビ番組のマツコ会議でも取り上げられたようです。

日本でも話題になりつつあるようです。

包装がビニールで簡易的なのは、ゴミを減らすためだそうです。スウェーデンはエコロジーの先進国でもあるんですね。

初めてご覧になられたら、毛の部分(歯ブラシのヘッド)が大きいと感じると思います。そして自分が使用した感想は・・・やはりヘッドが大きい!

ですがヘッドが大きいぶん、効率よく歯が磨けるようにも感じます。国内の歯ブラシは比較的ヘッドの小さいものが多いので、初めは抵抗があっても実際の使用感は悪くありませんでした。

歯磨きの際は、毛先が刷掃した部位がきれいになります。このTepeの歯ブラシは毛の密度も高いため、実際に効率よく歯が磨けるようです。

国内でも予防に力をいれている歯科医院ではTePeを導入しているところが多いと聞きます。自分も最近になって使い始めました。

Tepeの歯ブラシに興味がある方はぜひ使用してみてください。歯ブラシは好みもありますので、従来から取り扱っていたものはそのまま販売しています。

なにか疑問に思うことがありましたら、お気軽におたずねください。

2019年2月25日

こんにちは、院長の中野です。

なかの歯科では京セラのインプラントを使用しています。

先日京セラのセミナーに招待していただいたので出席してきました。

品川の京セラの会社からの眺望。11階は高くて良い眺めなのに、どこか寂しい感じ

 

セミナーは演者が数人いて、最初にお話された皆川先生はとても熱い先生でした。人間的にも魅力があるので患者さんからも信頼されていそう。仕事に一途なところもあこがれます。セミナーなどで素晴らしい先生をみて共通していると思うのは貪欲なところ。一流だと言われていても成長を続けようとする姿勢は、パワーにあふれていてどこか引き込まれます。

普段の診療で疑問に思っていたことなども質問できましたし、他の先生の講演も良い刺激になりました。

そして、お昼のパンがおいしかった。

花粉症にはつらい季節ですが、アレグラとともに今週もはりきって行きましょう!

2019年2月4日

こんにちは、院長の中野です。

近所の梅の木に花が咲き始めているのを見つけました。春が待ち遠しいですね。

 

最近親知らずの周りの歯茎が腫れて来院される患者様が増えています。

今回は親知らず(智歯)の抜歯について書かせて頂きます。

智歯とは、「親知らず」「第3大臼歯」とも呼ばれる一番奥の永久歯です。すべての人に生えるわけでなく、上下左右の4本が揃わなかったり、全く生えてこない人もいると言われています。

身近な人で智歯抜歯をされている方は意外と多いと思いますが、智歯は必ずしも抜歯する必要はありません。智歯が生えていて(萌出)上下で噛み合っている場合や、完全に骨の中に埋伏していたり、周囲の歯に悪影響がなければ抜歯の必要はないと考えています。

 

では、どのような時に抜歯は必要になるかというと

・智歯が虫歯や歯周病だけど、治療しても良い状態に戻らないとき(歯茎の上までしっかりと生えていないとき、歯ブラシで自分で綺麗に磨けない状態であり、繰り返し治療が必要になると予想されるときなど)

・接している歯を虫歯・歯周病にする原因になっている、またはそうなる可能性があるとき

・歯並びが悪化する原因になる可能性があるとき(矯正治療などをうける予定がある)

上記のときは智歯の抜歯をすすめることがあります。

 

下顎の骨は上顎に比べて骨質が硬く、骨に埋まっている下の智歯抜歯では、深さや方向によって骨を削ったり歯を割る操作が必要になることがあります。

歯根の彎曲や肥大の程度で容易に抜歯できないことも少なくありません。また下の智歯周囲には下歯槽神経、舌神経と呼ばれる神経が走行しており、抜歯後に神経損傷による合併症が起きることもあります。なかの歯科で智歯抜歯を行う際は、模型やレントゲンを用いてどのように抜歯するか説明してから治療を行います。智歯と神経、血管の位置関係を精査するためにCT撮影を行うこともあります。

実際の患者様の写真をみていただきます。

右下の歯茎から一部だけ智歯が生えている状態で、時々痛みを感じており、抜歯を希望したので抜歯を行いました。この写真で智歯と神経に色をつけると

このようになります。

智歯と神経・血管の位置が近いことがわかります。

このような場合は抜歯後に出血が持続したり、神経障害が出現するリスクが比較的高いことが事前に予測されます。

智歯と下顎の中を走行している下歯槽神経血管束の位置関係を把握するためにCTを撮影しました。

先ほどのレントゲンでは不明瞭だった智歯の外形もよくわかるようになります。

実際の智歯は、根が二股に分かれており、骨に抱きつくように湾曲していたことがわかります。

更に、

 

神経が智歯の根の外側下方を走行していることもわかります。

歯の形態や神経血管の位置関係を把握してから抜歯することで、治療がよりスムーズで安全に行うことが可能になります。

実際の抜歯は局所麻酔(智歯周囲の歯茎だけの麻酔)で行います。

抜歯にかかる時間は約20分ほどで、1週間後に抜糸します。

 

智歯抜歯にはネガティブなイメージが強い方が多いと思います。喜んで抜歯された患者様は今までに3人しか記憶にありません。ですが、抜かなければならないこともあります。どんな患者様

にも安心して治療を受けていただけるように努力しています。なにかご質問がありましたらなんでも聞いてください。

最後までブログをごらんいただきありがとうございます。

 

2019年1月17日

こんにちは、院長の中野です。

写真は今年から、なかの歯科にきた仲間たちです。受付でお待ちしてます。

 

さて、本日は虫歯(う蝕)治療のひとつ、コンポジットレジンCR修復をご紹介します。

左下の奥から2番目の歯に入っている詰め物(矢印)は他の詰め物と違うのがお判りでしょうか?

ほかの歯の銀の詰め物はパラジウムなどの組成からなる合金です。それに対し、矢印の金属はアマルガムと呼ばれる金属です。

アマルガムは水銀スズを主要成分とし、亜鉛インジウムパラジウムを含んでいます。

アマルガムは、表面の変色や歯との接触面の腐食などの特徴があり、歯の一部を変色させることもあります。そして何より問題なのが、水銀が人体や環境に良くないということです。

今回、このアマルガム修復を除去してCRと呼ばれる材料で修復を行いました。

CRは合成樹脂無機フィラーを複合させた材料で、現代の歯科治療にはかかせない材料です。様々な治療で使用します。身の回りにもレジンでできた生活用品は数多くあります。

左が治療前で右が治療後です。審美的な改善もあります。

写真は優しい患者様の了解を得て、掲載させていただきました。ありがとうございます。

ほかの治療のことでも、何かご不明なことがありましたら何でも聞いてください。

 

とても寒く、魚は脂がのっていておいしい季節ですね。体調にはお気をつけてお過ごしください。

茅ヶ崎にある「磯人」アジの刺身定食

1 2 3 4 5