ブログ|なかの歯科|小田原市小田原、鴨宮の歯科・歯医者

  • 小田原市小田原、鴨宮・なかの歯科・電話
  • 小田原市小田原、鴨宮・なかの歯科・メニュー

ブログ

2018年9月17日

こんにちは、院長の中野です。

虫歯(う蝕)について書くブログもこれで3回目となります。

今回は、う蝕のリスクについて書きます。

情報はおなじみ、う蝕の名著「BALANCE」から引用をたくさんしています。

なかの歯科では、「治療も大切ですが、それ以上に予防が大切です。」と患者さんには説明をします。

一度、治療のために削ったり、抜いたりした歯は元に戻りません。また、どんなに良い材料で修復しても、元の歯以上の優れた材料は存在しないのです。

なので、悪くならないように予防するのが1番良いことをお伝えしています。

さまざまな研究でも、患者さんのリスク評価を行うと同時に、早い段階で介入的なプロフェッショナルケアを行うことで、新たなう蝕の発生率を24~74%の割合で削減できることが示されています¹。

リスク評価に関しては、当院でも行っている唾液検査で判定を行います。う蝕のリスク因子には、

・う蝕の罹患状況

・現在の細菌の侵襲性

・う蝕の病歴

・食習慣・食生活

・現在の服薬状況

・唾液流出量

・内科疾患

・矯正装置の有無

・口腔清掃習慣

などが挙げられます。リスク因子を持っているから、う蝕を必ず発症するわけではありません。リスク因子を有していても、その因子をコントロールすることによって、う蝕の発症や進行を予防することは可能だと言われています。

う蝕のリスク因子の特定は、患者様がう蝕を発生する可能性についての青写真を提供する。これにより、科学的根拠に基づいた情報を得られ、推奨すべき治療や助言を提供することで、将来のう蝕の兆候や発症などを効率よく予防・抑制できるようになる。というのがBALANCEの考え方です。

唾液検査は保険の範囲で負担できる検査ではないのですが、是非皆さんにもご自身の口腔内を知っていただくために検査を受けて頂きたいです。

う蝕のリスク因子に関してはまた少し掘り下げて書かせて頂きます。

1 J.D.B Featherstone,  “A Randomized Clinical Trial of Anticaries Therapies Targeted according to Risk Assessment,” Caries Res 46

 

最後までご覧頂きありがとうございます。記事に関しては自分の知っていること、調べたことなどを掲載していますが、何か不明なことがありましたらご指摘して頂けると幸いです。

2018年9月14日

こんにちは、院長の中野です。

 

最近寒いですね。

まだまだ早い気もしますが、医院の前に置いている看板が少しハロウィン仕様になりました。

最近は診療が終わる頃には肌寒く、真っ暗です。帰る頃のなかの歯科はなんとなく綺麗。

「歯科開院」の文字がまだ貼ってあります。初心を忘れないように、もう少し貼っておこうかな。

2018年9月9日

今月の目標は、毎週末にブログを更新する

 

こんにちは、院長の中野です。

前回の続きで虫歯(う蝕)をテーマにブログを書きます。

まずどのようにう蝕なぜ形成されるかというと、口の中(口腔内)のバイオフィルムに存在する約40種類の細菌が関与している¹と言われています。

この菌群はショ糖を含む糖質を取り込み、代謝の際に副産物としてを産生します。酸によって歯のカルシウム塩の結晶が溶出して(脱灰が誘導され)う蝕は作られます。

バイオフィルム内の細菌は、抗体・抗生物質(抗菌薬)、唾液中の抗菌物質に対して耐性があり、

予防接種や、抗菌薬療法はう蝕には効果がありません。したがって、効果的にう蝕治療をするためには、治療だけでなく、細菌の健全化や、口腔内の酸性度の回復も必要になります²。

つまり、虫歯をコントロールするためには糖摂取のコントロール(suger controle)が重要。そして、細菌は薬で除去できないため、う蝕がなくても、歯磨き(ブラッシング)や、歯科医院でのケアが必要になります。

なかの歯科では、食事に関することから、ブラッシングについてもご説明させていただきます。

 

次回以降、う蝕のリスク因子についてもブログで書かせていただこうと思います。

今回のブログの内容はCAMBRAについて書かれた「BALANCE」から一部引用しています。

参考文献の貢を初めて見たのですが、日本人の名前もあるのが誇らしいです。

1 Oral Health America: A report of the Us Surgeon General 63(2000):79-94,245

2 N. Takahashi and B, Nyvad,”The Role of Bacteria in the Caries Process: Ecological Perspectives,”JDR 90,no. 3 (2011

 

マニアックなブログをご覧頂きありがとうございます。それでは先日食べたカレーの写真で締めくくりたいと思います。

2018年9月1日

こんにちは、院長の中野です。

 

さっそく9月のブログ投稿第1回目です。

 

今回のテーマは、虫歯(う蝕)です。

 

以前お世話になった有名な先生が、「歯のトラブルは4つある。

 

う蝕歯周病咬合(噛む力)、医原性(治療後に起こるトラブル)それらが組み合わさって

 

問題を起こしている」と言われてました。確かにその通り!!今ならその意味がよくわかります。

 

自分が普段診療している治療のほとんどは、この4つのどれかに関連しています。

 

ご年配の方の歯の残存歯数が増えようと、小児のう蝕罹患歯数が減ろうと、歯医者がなくなることは

 

ありえません。たった4種類しかないのになんと奥深い、、、

 

ここで本を1冊ご紹介します。

今現在の自分のう蝕に関する知識は数年前に購入したこの本が礎になっています。

 

CAMBRA(CAries Management By Risk Management)という、リスクを評価してう蝕管理を行う予防、

 

それに続く最小限の侵襲による修復治療について科学的な根拠を盛り込んでまとめています。

 

時間がたてば研究がすすみ、新しい治療方法、新しい材料がでてきますが、科学は何が正しいのかを

 

判断する指針になります。この本の著者はアメリカの大学の歯科医師で、日本とは診療スタイルや使用できる

 

薬品などに違いはありますがこの本で得た知識をもとに、普段の診療を行っています。

 

この著書から普段患者さんに説明していることなどを何回かにわけてブログに書かせていただこうと思います。

 

大作になる予感、、、いったい誰が読むのか?笑

 

いや、自分の知識の整理・忘れていたことの再確認・そして、なかの歯科のホームページを盛り上げるために

 

やりきります!あたたかく流して読んでください。

2018年8月31日

こんにちは、院長の中野です。

 

タイトル通り、久しくブログを書いていませんでした。反省です。

 

なかの歯科のホームページが多くの方に見ていただけるように始めたブログなのですが、

 

気づけばマニアックすぎて逆に敬遠されるのではないか自分でも不安になるような投稿ばかり

 

してしまいました。

 

とはいえ、歯のことで困っている方が見られているかもしれないと思うと、あまり適当なことを

 

書いて、がっかりされるのも嫌だなーという気持ちも

 

でも、ひょっとするとブログは誰も見ていないかもしれない・・・見た方はぜひ教えてください。喜びます。

 

9月は週末に必ず更新しようと思います。このブログに誓って必ず!

2018年8月3日

こんにちは、院長の中野です。

 

あつい日が続いてますね、皆様いかがおすごしでしょうか?

 

自分はほぼ1日中室内にいるので、夏を満喫できないでいます。

 

夏を楽しんでいる人が映っているテレビを見ると、遠くの海にでかけたくなります!

 

 

今日は当院で行っている矯正治療のひとつのマウスピース矯正をご紹介します。

 

ご存じでしょうか?

 

実物の写真です。様々な検査を行い、最終的な歯並びをコンピューターでシミュレーションしてから

 

作製されたマウスピースです。

 

模型に装着すると

 

よく見ないと気づかれないほど自然です。

 

実際に知り合いに治療したときの写真です。

治療前

治療後

治療期間は6ヶ月でした。

 

矯正の治療は、治療前に行う検査が非常に重要になります。

 

それは単純に歯並びを綺麗にするだけでなく、噛み合わせや、顔貌との調和

 

も考慮しなければならない治療だからです。

 

当院では治療前の検査で、骨格や歯の傾斜を計測するセファロ写真も撮影します。

 

矯正の治療にはマウスピース以外にも様々な治療があります。

 

どのような治療にするかは相談した上で決めさせていただきます。

 

以前、大学病院で一緒に働いていた優秀な後輩が、昭和大学の矯正科の助教になったので

 

アドバイザーとして時々医院にきてもらう予定です。

 

最新の矯正治療をご紹介できると思います。

 

ご興味ある方は是非ご相談ください。

2018年7月26日

こんにちは、院長の中野です。

 

先日、小田原歯科医師会の講演会に参加してきました。

 

講演の内容は骨粗鬆症の診療とリエゾンサービスでした。

 

骨粗鬆症の第一選択薬とされている薬(ビスホスフォネート製剤)を内服されている患者さんは、侵襲のある歯科治療や

 

感染を契機に顎骨壊死と呼ばれる病態になることが報告されており、整形外科・歯科の連携がテーマでした。

 

以前より顎骨壊死は報告されていましたが、比較的新しい薬なのでまだ分かっていないこともあります。

 

国内では2016年に新たにポジションペーパーと呼ばれる指針がでたものの、統一した対応がとられていないのが

 

現状だと感じました。

 

整形外科の先生の骨折に対する見解や実情を聞くことができたのはよい勉強になりました。

 

自分が病院に勤務していた際は、ポジションペーパーに準じた治療を行っていましたが、すべてのケースでそれを

 

する必要性があるか問われたら迷います。

 

一番大事なのは、いかに患者さんが安心、納得して医療を受けられるようにするかだと思います。

 

そのためにはかかりつけ歯科医院だけでこの病気に対応するのではなく、他科と連携をとり、適切な記録を残すことで

 

病気の解明にも微力ながら貢献していきたいです。

 

この講演会は診療後の19時半開始だったので、コメダ珈琲で腹ごしらえしてから行きました。

 

おなかすきすぎてコーヒー頼むの忘れました。

 

2018年7月24日

皆さま、こんにちは!

 

なかの歯科のスタッフです。

 

 

毎日うだるような暑さですが、いかがお過ごしでしょうか?

 

先日、横浜の花火大会に行ってきました。

 

港町らしく、船のバックにとても綺麗でした。

 

酒匂川花火大会は8月4日ですね。

 

「ナイアガラ」が圧巻だと聞きました。

 

初めてなので、今から楽しみです♪

 

 

暑い日が続きますので、体調を崩さないようにお気をつけください。

 

2018年7月16日

こんにちは、院長の中野です。

暑いですね・・・。燃えてます

なかの歯科が開院してはや1ヶ月が過ぎたのですが、先日インプラントの治療をした患者様がいらっしゃいました。

ご本人に許可を頂きましたので写真を使用して今回行ったインプラント治療に関してご説明させていただきます。

いつものようにまとまりのない文章になるかもしれませんが、ご容赦ください。

 

 

右下奥歯が2本ない状態(臼歯2歯中間欠損)になっていました。

この状態が続くと、周囲の歯が倒れてくる(隣在歯の傾斜)、上の歯がでてくる(対合歯の挺出)ことが予想されます。

歯列が乱れるために咬合が変化し、そのため歯に負担がかかるようになります。

また、一度動いた歯は元に戻らないため、矯正治療が必要になることもあります。

そのため、歯がなくなったら抜いた歯の代わりになる装置を作る治療(補綴治療)が必要になります。

ブリッジ・いれ歯(部分床義歯)・インプラント移植(適応外のこともあります)の選択肢から治療を選んでいただきます。

どの治療にもメリットデメリットがあるので、どれが1番ということはありません。口の中の状態は患者様ごとに違うので、ご納得頂けるまでご説明し、希望に添った治療をご提供させていただきます。

今回、患者様はインプラントを希望されたので、インプラントの治療に関していくつかご提案をしました。

 

口の中の状態をよくみると、ない奥の歯(右側第2大臼歯および第3大臼歯)が倒れている(近心傾斜)していることがわかります。

本来歯2本分のスペースが、隣在歯が傾斜しているため狭くなっています。この状態で2本のインプラントを入れるのはおすすめできませんでした。インプラントと歯や、インプラント間の

距離が近いと、周囲骨の吸収が起きた際に、管理が難しくなるためです。

インプラントの位置を事前にシミュレーションしたとしても、人が行う治療に絶対はありません。1mmずれただけで、インプラント周囲炎のリスクが高まります。

今回患者様には3通りの治療計画をご提案しました。

1)右下の親知らず(一番奥の歯)を抜歯し、奥から2番目の歯を矯正で元の傾きに戻して(アップライト)からインプラント2本埋入

 

2)リスクを承知の上で2本インプラントを埋入

 

3)インプラントを1本埋入、インプラント1本だけではスペースに対して小さいので、清掃性も考慮して、歯2本分のかぶせ物を作製する(カンチレバー)

 

患者様は (3)を選択されました、治療時間は30分ほどです。

希望があれば、(1)の治療に移行できるような位置にインプラントを埋入しました。

インプラントで一生快適にお食事を召し上がっていただけるように、インプラントの治療が終了しても、全力でサポート(メインテナンス)させていただきたいです。

お口の中の様子は患者様によって全然違いますし、価値観も様々です。ですが、「ご自身の歯でおいしい物を、おいしく召し上がりたい」という想いは一緒ですよね。

今回のインプラント治療は周囲の歯を健康な状態で維持するのに大変有意義な治療だと思います。

自分はまだまだ勉強中の身ではありますが、すべての患者様の希望に添った適切な治療を提案、提供できるようになかの歯科と一緒に成長していきたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございます。なにかご不明なことがありましたら、何でもご相談ください。

 

暑い日が続きそうですが、自分は連休ゆっくりできたので明日からまた頑張ります。

2018年7月5日

こんにちは、院長の中野です。

梅雨明けしたと思ったら、また天気が悪い日が続きそうで残念ですね。

本日は当院で行っている初診時の検査の一つ、口腔内写真をご紹介します。

大人の方は全員、お子様でも矯正治療を行う際は必ず下のような構図(5枚法)で写真を撮影しています。

 

 

(これはスタッフ同士が練習で撮った口腔内写真です)

自分の口の中をみる機会は少ないので、患者様は驚かれたりされる方が多いですね。治療しなくても、時間が経過すると口の中は必ず変化します。

かかりつけ歯科医院があれば、お口の中の記録を残して状況を把握しているので、健診などもスムーズに行えるメリットがあります。

ぜひかかりつけ歯科医院を作り、健康な歯でおいしいものを召し上がってください。

1 2 3 4 5