ブログ|なかの歯科|小田原市小田原、鴨宮の歯科・歯医者

  • 小田原市小田原、鴨宮・なかの歯科・電話
  • 小田原市小田原、鴨宮・なかの歯科・メニュー

ブログ

2018年11月26日

こんにちは、院長の中野です。

クリスマスまで1か月をきりましたね。

だいぶ早いのですが、なかの歯科にサンタがやってまいりました。

なかの歯科は今年の6月に開院したので、もう少しで半年がたちます。

近隣だけでなく遠くからも来院してくださった患者様や応援してくださったすべての方に心から感謝します。どうもありがとうございました。

 

寒いので外出を控えてしまいがちな時期ですが、口に休みはありません。

口の中で気になることがありましたら、早いうちに対応したほうが治療も軽く済むことがあります。何かございましたら、遠慮なくご連絡ください。

 

2018年11月24日

こんにちは、院長の中野です。

「以前に、電動歯ブラシのほうが良いですか?」と患者様から質問されたことがありました。

その時は、「電動じゃなくても磨けていれば問題ないです。」と曖昧な返事をしてしまいました。

ひとつ参考になる文献を見つけたのでご紹介します。

Tritten,C.   Armitage,  :  Comparison of a sonic and manual toothbrush for efficacy in supragingival plaque removal and reduction of gingivitis.  J Clin. Periondontal. 1996

電動歯ブラシも手用歯ブラシもプラークの除去率にほとんど差がなかった。隣接面においては電動歯ブラシの効果が若干優位ではあったものの、取り残しはあるため、どちらを用いる場合も補助的な清掃用具がかかせない。

と書かれていました。

思ったとおり・・でもこの文献を知らなかったことを反省。

2002年にも研究をまとめためた文献がでましたが、やはり両者に大きな差はないようです。

それなら、わざわざ高価な電動歯ブラシを使う意味はないのか!?

手用の歯ブラシがうまく動かすことのできないような患者様には当院ではソニッケアーと呼ばれる商品をおすすめすることもあります。

しかし、なかの歯科が考える最も大切なことは、なぜ磨かなくてはならないのか、どこをどのように磨けばいいのか。

それを的確に患者様にお伝えすることだと考えています。

スタッフ一同、歯磨きの方法だけでなく、重要性もお伝えできるように努力していきますので、ぜひ話を聞きにいらっしゃってください。

ソニッケアーからいただいた物の写真です。ソーラー電池で歯ブラシのところがユラユラ動きます。医院での置き場所を探してます。

2018年11月24日

こんにちは、院長の中野です。

このたび、なかの歯科の通路に待望の手すりがつきました!

診療室に入る床がスロープになっていたので、足の不自由な方に負担になっていないか心配していたのですが、お待たせしました。

遠慮なく使用してください。

最近寒くなってきましたが、天気はよくて気持ちいいですね。

体調に気を付けてお過ごしください。

2018年11月21日

こんにちは、院長の中野です。

来院されている患者様で、特殊な入れ歯(義歯)の治療を受けられたかたがいらっしゃたので、今回のブログでご紹介させていただきます。

ご本人には許可をいただいたのですが、ブログ見てくださるかな

通常両方の奥歯がない患者様にはこのような義歯を作製します。

 

この義歯は、クラスプと呼ばれる金属の金具、人工歯歯茎、それらをつなぐ連結部で構成されています。

金属製のクラスプの見た目(審美)を気にされるかたや、金属の感触をいやがられる患者様におすすめする

ノンメタルクラスプデンチャーという義歯が、なかの歯科にはあります。

今回ご紹介する患者様は、上の絵のような義歯のクラスプと唇の粘膜が接触することで粘膜炎を起こされていました。

治療前の写真です。

虫歯の治療と、下の歯にノンクラスプデンチャーを作製することになりました。

下の歯の写真は治療後です。

治療前後の写真を重ねたところ

治療後は本当に綺麗になりました。

審美的に美しいだけでなく、機能的な改善もあると思います。

患者様にはおいしい物をたくさん召し上がって頂き、ずっと元気でいて頂きたいです。

歯が残っているため義歯の安定も得られるので、治療が終わってもぜひ残っている歯を長持ちさせるよう、継続して通院してくださいとお話をしました。

どんなに良い材料で治療を行ったとしてもご自身の歯にかなうものはありません。だから、なかの歯科は予防に力をいれています。

しかし、すでに歯を悪くされている患者様はたくさんいらっしゃいます。でも、手遅れということはありません。

気づいたときから予防を始めることで残っている歯は必ず長持ちします。

最近では口腔内と全身の健康の関連性も注目を集めています。

健康な生活を送るためにも、かかりつけ歯科医院をつくって口の中をきれいに維持してください。

2018年11月11日

こんにちは、院長の中野です。

先日、大切な患者様から「ブログ更新してくださいね。」と言われました。

見てくださっている方がいたのか・・!

驚きと喜び。

誰も見ていないと思っていたので投稿を休んでいました。

見てくださる方が一人でもいるのであれば更新しなければ。と感じました

とりあえず今回は、講習会で関内に行ったときに食べたスープカレーの写真をのせます。

 

7辛。もう少し辛くてもいけそうです。最近スパイス多めのカレー食べるとお腹が鳴ります。

2018年10月24日

こんにちは、院長の中野です。

先日、患者様から乳酸菌が虫歯や歯周病に効果があるのかという質問がありました。

今回のブログでは最近テレビなどでも取り上げられているプロバイオティクスについて書きます。

プロバイオティクスとは「 宿主に有益に働く生きた細菌(=有用菌)によって構成される添加物 」

と定義されます。テレビなどでは乳酸菌という名前で紹介している番組も見たことがあります。

いつも引用している本には

現在市販されているプロバイオティクス製品のうち、Streptococcus oralis、Streptococcus uberis、Streptococcus rattus、Lactobacillus属やBifidobacterium属などの菌種を含む物について、研究が進められいる。これらの菌種は人間が摂取しても安全だと一般的に認識されているものの、さまざまなプロバイオティクスの疾患への効果については、複数の研究結果をメタアナリシスやシステマティック・レビューにかけたものを、慎重に検討するべきである。個々の研究では、ある特定のプロバイオティクスの菌株が、ある特定の状況下で、ある特定の病状に対し効果を発揮することが示されている。しかしながら、まったく同じプロバイオティクスというものは存在しないため、菌種や菌株、製剤処方、投与間隔が異なる研究からは、同じような結果を再現できると期待すべきではない¹。

と書かれていました。まだまだ研究中の分野であり、効果があるという症例報告があるものの、再現性がないため、現段階で科学的にプロバイオティクスが、う蝕や歯周病に効果があるとはいえない。と解釈しています。

時間がたてばこの概念が変わる可能性もありますが、なかの歯科では上記のような説明を患者様には行います。

何かご質問がありましたらおたずねください。お答えできるように頑張ります。

最近朝晩だいぶ寒くなってきたので、風邪などひかないようにしてください。

次かき氷を食べるのは来年ですね。

1  A. Minocha, “Probiotics for Preventive Health,” Nutr Clin Pract 24  (April May 2009

2018年10月11日

こんにちは、院長の中野です。

皆様はタイトルの「シーラント」という虫歯予防の処置をご存知でしょうか?

ヒトの奥歯は臼歯と呼ばれる歯牙で、物をすりつぶすためにボコボコとした形態をしています。

乳歯や生えた(萌出した)ばかりの臼歯はボコボコしているため、深い溝(裂溝)があります。

この裂溝は清掃が難しく、管理(清掃)が十分にできないと、虫歯ができる可能性もあります。

この裂溝を埋めてしまう治療をシーラントと呼んでいます。

2枚目の写真シーラントがされ、細菌が裂溝に入っていかないことをあらわしています。

当院ではこのシーラントを虫歯(う蝕)のリスクが高い方におすすめしています。

何度かブログに登場した「BALANCE」でも推奨している予防の処置です。

なにかご不明なことがありましたら何でも聞いてください。

2018年10月9日

こんにちは、院長の中野です。

10月は、個人的にばたばたしております。久しぶりに都内のセミナーに参加してみたり。

それを言い訳に週末のブログ更新をすっかり忘れていたり・・・

毎週末と決めるとプレッシャーになるので、今月は5回以上更新を目標に頑張ります。

そしてそれを見た方になかの歯科を知って頂き、予防の重要性を理解して頂けるとうれしいです。

今回は審美治療の一例として、セラミックやジルコニアと呼ばれる材料の治療を紹介します。

知り合いが、銀歯を白くしたいと希望して治療をしたときの写真です。

 

治療前の状態でも、虫歯はなく、歯磨きも上手にされているすばらしい状態でした。

この方には、左上下にいれている銀歯(FMC)をジルコニアクラウン、それ以外をセラミックインレーと呼ばれる修復物に変える治療を行いました。

 

 

クラウンやインレーを作製してくださった技工士さんの技術もすばらしく、とても綺麗な状態になり患者様に満足して頂けたことを覚えています。

このセラミック系の材料は表面が滑らかで、汚れも落としやすため、清掃性が良いのも利点の一つです。

歯につけるセメントも、従来の金属を合着する材料よりも強固に接着するため、隙間が虫歯になる(二次カリエス)ことも少なくなります。

他にも様々な材料があり、そしてこれからもっと増えていくことが予想されます。

ご興味ある方はなんでもおたずねください。ご希望に添った治療をご提案できるように日々勉強してお待ちしております。

最後までご覧頂きありがとうございます。

2018年10月2日

こんにちは、院長の中野です。

9月の週末は必ずブログを書くという目標を立てたのですが、最終週でついにやってしまいました

更新忘れ、、、

そしてもう10月。

3日坊主ならぬ4回坊主で終わりました。

週末ブログのノルマを10月も自分に課すことにしました。今度こそは、、

10月になり「なかの歯科」に加わった新たな仲間を紹介します。

 

看板ちゃんです。

「なかの歯科」は自分の歯をできるだけ残すための、「予防」を小田原の地域に普及させる努力をこれからも続けていきます。この看板を見て来院された少しでも多くの方に、予防歯科のすばらしさをお伝えできるように明日も頑張ります。

2018年9月23日

こんにちは、院長の中野です。

 

今回は、以前のブログでふれた、虫歯(う蝕)のリスクについて一部掘り下げて書こうと思います。

今回も「BALANCE」からいろいろ引用しています。

 

前回のブログで、虫歯のリスク因子について

#1 う蝕の罹患状況 #2 現在の細菌の侵襲性 #3う蝕の病歴  #4 食習慣・食生活 #5 現在の服薬状況 #6 唾液流出量 #7 内科疾患 #8 矯正装置の有無 #9 口腔清掃習慣

を挙げました。リスクや、それによるう蝕の兆候や症状の深刻度は複数のリスク因子が重なり合うほど増大するといわれています。

#4 食生活・食習慣: 食べたり飲んだりするごとに、人の口の中(口腔内)のpH値は酸性に傾く。

飲食の回数が増えるほど、口腔内のpH値が酸性に傾く回数も増える。そしてそれは、う蝕病原細菌が増殖するきっかけとなる¹。食べ物を食べた後に酸性に傾いた口腔内の状態も、唾液の機能でpH値は正常レベルに戻ります(中和)。

当院で患者様に説明するアニメーションの静止画があります。

食事を召し上がった後に、グラフが下向きになり、赤い部分が脱灰と呼ばれる歯が溶けている状態を表しています。

pH値が低下して、歯から無機質がいくらか失われても、その後にpH値が回復することで平衡が維持されています。

しかし、間食の回数が増えるとそれだけで脱灰している時間が非常に多くなることがわかります。

このバランスの喪失が、う蝕増加の主な原因だと言われています。

著書「BALANCE」には、飲食物の摂取回数が増えるにつれて、酸が侵襲する回数が増えるので、水以外の飲料や食べ物の摂取頻度を1日に最高で4~5回に制限すべきである²。と書いてます。厳しい。。

忠実にそれ通りの生活を送るのは難しいですが、食生活がそれだけう蝕のリスクに影響があるということを知って頂けたらと思います。

#6 唾液流出量: 唾液は歯を守る重要なもので、食べ物の消化・微生物からの感染予防、口腔内pH値のバランスを保つ、歯の石灰化を誘導する役割を持っています。安静時の唾液量が0.25~0.35l/分であれば正常量という基準があります。

唾液の不足(ドライマウス、口腔乾燥症)は、う蝕などの歯科疾患の主要なリスク因子となります。

一般的に男性よりも女性に多く、若年者や中年者よりも、高齢者で多いと言われています。

原因には、ストレス・栄養不足・年齢・遺伝・疾患・薬剤の副作用が挙げられます。

唾液量減少は、原因療法や唾液腺マッサージなどの対症療法でどれだけ改善がみこめるかわからないので特にう蝕予防に力を入れる必要があります。

 

ここまでブログをご覧頂いている方は、そろそろ読むのがきつくなっているのではないでしょうか、、、

実は書いている自分もそろそろ限界です。笑

普段診療の際にこの内容以上の話を延々と聞かされる患者さんが、どのように思っていたかを想像すると不安です。不安を通り越して、怖いです。

でも、知って頂きたいです。それは一度悪くなってしまった歯は元に戻らないからです。

医院には説明がわかりやすいようにアニメーションも多数用意してあります。話しているだけではありません。

疑問に思ったことや、自分の説明でわかりづらいところがあれば何でも聞いてください。お答えできるように日々勉強してます。

 

今回のブログはこのへんで終わろうと思います。わかりやすく物事を伝えるのは難しいですね。文字にするとなおさらです。

 

参考文献はこちら、偶然同じ研究者でした。

1.  P. D. Marsh, “Dental Plaque as a Biofilm: The Significance of pH in the Caries Process:  “JDR90, March 2011

2. Philip D. March , Oral Microbiology, 5th ed 2009

 

もうすっかり秋ですね。患者様にすだちを頂いたので、連休中に焼き魚にたっぷりかけて頂こうと思います。昨年まで勤めていた職場のバーベキューで秋刀魚食べた写真がなつかしい。

 

時々、患者様に頂き物をします。医院にきて頂くだけでなく、おいしい物を差し入れして頂く気持ちが本当に嬉しいです。スタッフみんなで山分けして大事に頂いています。ありがとうございます。恩返しができるように日々全力で働きます。今後ともよろしくお願い致します。

1 2 3 4 5